阪急電鉄の駅をデザインしたマンホール蓋が2月1日から吹田市に導入された。吹田市は2018年から観光名所などをデザインしたマンホール蓋を順次設置しており、鉄道駅をデザインした蓋もこれまで4つ設置している。

北千里駅・山田駅・吹田駅のデザインマンホール蓋イメージ

阪急電鉄の駅がマンホール蓋のデザインになるのは今回が初めて。北千里駅・山田駅・吹田駅付近に、それぞれその駅の写真をデザインした蓋を設置した。北千里駅は日本で初めて自動改札機を設置した当時の写真、山田駅と吹田駅は吹田市職員が撮影した写真を採用したという。

デザインマンホール蓋は、北千里駅ロータリー付近、山田駅東改札口付近、吹田駅西改札口付近(吹田市役所内)に設置される。今後、吹田市内にある阪急電鉄の4駅(南千里駅、千里山駅、関大前駅、豊津駅)をデザインしたマンホール蓋も順次設置する予定だという。

#阪急電鉄 #駅


阪急電鉄の北千里駅・山田駅・吹田駅付近にデザインマンホール設置

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など