秩父鉄道は、すべての駅にICカード乗車券システム対応機器を導入し、利便性を向上させるとともに、ICカード利用による感染症対策の向上を図ると発表した。

秩父鉄道がICカード乗車券システムを導入へ

同社の路線は、羽生駅で東武伊勢崎線、熊谷駅でJR高崎線と上越新幹線、寄居駅でJR八高線と東武東上線、御花畑駅で西武秩父線に乗換え可能。西武秩父線・池袋線との相互直通運転も行っている(現在は一部列車のみ、飯能~御花畑駅で運転)。しかし秩父鉄道の全線において、「Suica」「PASMO」などのICカード乗車券は利用不可となっていた。

今回、秩父鉄道はICカード乗車券システムを2022年3月以降に導入(予定)し、これに伴う各駅での各駅工事を今年2月から開始すると発表した。導入するICカード乗車券システム対応機器については、「現在選定作業中」としている。

#交通系ICカード #Suica #PASMO #ICOCA #中小私鉄 #三セク #電車


秩父鉄道、全駅にICカード乗車券システム – 2022年3月から導入予定

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました