首都圏新都市鉄道は、つくばエクスプレスのダイヤ改正を3月13日に実施すると発表した。夜間に行う保守点検作業と夜間工事時間の確保、深夜時間帯における利用状況などを踏まえ、終電時刻の繰上げを行う。

つくばエクスプレスのダイヤ改正は3月13日に実施

平日・土休日の下りに関して、秋葉原発つくば行の終電は現行通り(秋葉原駅23時45分発)だが、秋葉原発守谷行の終電は現行の秋葉原駅0時18分発から同駅0時7分発となり、11分繰上げとなる。あわせて現行の秋葉原駅23時54分発、守谷行の列車を1分、現行の秋葉原駅0時7分発、守谷行の列車を7分繰り上げる。北千住駅0時25分発、八潮行の列車はダイヤ改正後、北千住駅0時14分発となり、11分繰り上げられる。

平日・土休日の上りに関して、つくば発北千住行の終電が現行のつくば駅23時31分発から同駅23時22分発に繰り上げられる。つくば発秋葉原行、つくば発守谷行の終電は現行通り。つくば発北千住行の終電に続く列車として、ダイヤ改正後につくば駅23時34分発・守谷駅23時51分発の列車を増発し、運行間隔の平準化による利便性向上を図る。

下り・上りとも深夜時間帯の一部列車において運転時刻を変更するほか、駅における着発線の変更なども予定されている。ダイヤ改正後、つくばエクスプレスの総運転本数は平日ダイヤが469本(1本増)、土休日ダイヤが385本(1本増)となる。

#ダイヤ改正 #つくばエクスプレス #電車


つくばエクスプレス3/13ダイヤ改正 – 秋葉原発守谷行の終電繰上げ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました