復刻塗装の109号 画像:箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は27日、2021年3月21日をもってモハ2形109号が引退すると発表した。

109号は1927年に登場した木造車チキ2形の走行系機器と新製車体を組み合わせて製造された車両。2019年には箱根湯本—強羅開業100周年を記念し、1935年〜1949年頃の復刻塗装となって今日まで営業を続けてきた。

2月13日(土)からは引退を記念しラストラン方向板の掲出を、2月20日(土)からは19号車内で写真展示を行う(ともに3月21日まで)。なお、引退イベントについては新型コロナウイルス感染拡大の状況により未定となっており、実施する場合は新たに告知するという。

方向板デザイン 画像:箱根登山鉄道

鉄道チャンネル編集部

#109 #箱根 #登山 #ラストラン


モハ2形109号、3月21日ラストラン 箱根登山鉄道

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題