東京メトロは、「東京メトロアプリ」と「東京メトロ my! アプリ」を1月28日に統合し、「東京メトロ my! アプリ」に一本化すると発表した。

アプリ統合イメージ

「東京メトロアプリ」は2011年に公開され、累計160万ダウンロードされるなど広く利用されてきた。一方、「東京メトロ my! アプリ」はMaaS機能を実装したアプリとして2020年8月に公開され、従来の「東京メトロアプリ」と並行して稼働してきた。

2つのアプリの統合は当初からの方針で、「東京メトロアプリ」のバージョンアップとして実施される。1月28日以降、「App Store」または「Google Playストア」を開き、「東京メトロ my! アプリ【2021年版】」を更新すると、「東京メトロ my! アプリ」の名称・機能・デザインが継承され、鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルを含む経路検索や、列車内・駅改札口の「混雑見える化」などの新機能が利用できるようになる。

統合後の「東京メトロ my! アプリ」は、新たにタクシーアプリ「GO」との連携を開始し、経路検索の結果を引き継いでアプリを起動することが可能に。これにともない、タクシーアプリ「JapanTaxi」との連携は終了する。

アプリ統合のスケジュール

なお、今回のアプリ統合により、2020年8月公開の「東京メトロ my! アプリ」は「東京メトロ my! アプリ【2021年版】」に名称・機能・デザインを継承し、3月上旬にサービスを終了する予定となっている。

#地下鉄 #東京メトロ


東京メトロ、公式アプリを統合「東京メトロ my! アプリ」に一本化

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更