山梨県身延町の身延山ロープウェイを運行する身延登山鉄道は、40年ぶりとなる新型パノラマビューゴンドラを2月23日から導入する。

新型ゴンドラ「知恩号」イメージ
「報恩号」イメージ

身延山ロープウェイが日蓮宗総本山・身延山久遠寺のある山麓と身延山山頂を結んでいることから、新ゴンドラは「日蓮聖人御降誕800年」を記念した仕様とした。1号車「知恩号」は魔除けを意味する朱色を基調とし、車内天井に久遠寺天井画の黒龍をあしらった。2号車「報恩号」は神秘を意味する藍色を基調に、七面山敬慎院の天井模様を車内天井に描いた。「知恩号」「報恩号」の名前は、久遠寺の内野日総法主が命名したという。

眼前に広がる絶景をこれまで以上に楽しめるよう、足元付近までの大きなパノラマガラスを採用。ゴンドラ内には液晶モニターを搭載し、身延山の歴史や車窓から見える景色を多言語で案内する。なお、新ゴンドラへの交換作業にともない、2月1~22日はロープウェイを運休とする。

#新型車両


身延山ロープウェイに新型ゴンドラ「知恩号」「報恩号」2/23から

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました