ヘッドマーク掲出車両 写真:天竜浜名湖鉄道

天竜浜名湖鉄道は2021年1月25日(月)〜31日(日)にかけて、「三陸鉄道応援ヘッドマーク」をヤフーオークションに出品する。

2019年10月の台風19号により被災した三陸鉄道を応援するため、天竜浜名湖鉄道が製作したもの(直径は60cm)。2020年3月20日(祝・金)から11月30日(月)までの間、両社の車両に異なるデザインのものを掲出していた。

三陸鉄道の車両に掲出されたヘッドマークは昨年末オークションに出品され、82,500円(税込)で落札された。収入は今回の天浜線装着分とあわせ、制作費などを除く全額を三陸鉄道へ寄贈する。

今回出品するヘッドマークの裏面には、三陸鉄道との交流を推進してきた長谷川寛彦前社長の直筆メッセージが寄せられている。

三陸鉄道応援列車出発式の様子 写真:天竜浜名湖鉄道
ヘッドマークイメージと長谷川寛彦前社長の直筆メッセージ 写真:天竜浜名湖鉄道

鉄道チャンネル編集部

#三陸鉄道 #オークション #浜名湖 #車両


三陸鉄道応援ヘッドマーク「天浜線装着分」もオークションへ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました