横浜市は桜木町駅前と新港ふ頭を結ぶ常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」の4月22日運行開始を発表した。このロープウェイは、2017年度に横浜市が民間公募を実施した「まちを楽しむ多彩な交通の充実」において提案されたもので、泉陽興業が事業主体となる。

「YOKOHAMA AIR CABIN」イメージ

「YOKOHAMA AIR CABIN」は都市部において日本初という常設ロープウェイで、全長は約630m、最大高さ約40m、ゴンドラ数36基、ゴンドラ定員は8名とされている。バリアフリーに対応し、車いすのまま乗車できるほか、ゴンドラに冷房を完備するため、夏でも快適に乗ることができる。ゴンドラによる新たな夜間景観も演出するという。

4月22日に開業し、営業時間は10~22時、所要時間は片道5分。運賃は大人(中学生以上)1,000円・こども(3歳~小学生)500円となっている。

ゴンドラのイメージ
「YOKOHAMA AIR CABIN」運行ルート

横浜都心臨海部では、日本有数のターミナル駅を有する横浜駅周辺地区、国際ビジネスやMICEの拠点であるみなとみらい21地区、開港以来の歴史性あふれる関内・関外地区など、地区ごとの特性を生かしたまちづくりを進めるとともに、都心臨海部全体の回遊性を高める取組みを進めている。2021年は「YOKOHAMA AIR CABIN」の開業に加え、各地区を結ぶ歩行者ネットワークの整備など、街の魅力やブランド力の向上に向けた取組みが計画されている。

#新線


横浜市の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」4/22開業へ

関連記事

さすが十津川警部!高橋英樹の「鉄道運」がすごすぎるッ

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催