画像:国土交通省

国土交通大臣はひたちなか海浜鉄道(株)から申請がなされていた、鉄道事業法第3条に基づく第一種鉄道事業許可申請について、令和3年1月15日付で許可した。

現在の終点である阿字ヶ浦駅から、国営ひたち海浜公園西口付近までの3.1kmを延伸。阿字ヶ浦駅から600mほどの地点に中間駅を設ける。延伸区間は大部分が高架となるが、中間駅は地平上に設けられる。

延伸により年間200万人以上が訪れる「国営ひたち海浜公園」へのアクセス多様化が図られ、鉄道を利用して公園を訪れる利用者の増加が見込まれるのみならず、終端駅に交通ターミナル機能を整備することで交流人口の拡大・地域活性化が期待される。

事業費は約78億円で、事業者が1/3、自治体が2/3を負担。整備効果(B/C)は30年で1.05、50年で1.18と見込まれる。2022(令和4)年度に本格工事を開始し、2024(令和6)年春開業を目指す。

湊線は勝田〜阿字ヶ浦(14.3km)区間を運行する鉄道路線で、駅数は10駅。輸送人員は平成27年度から令和元年度まで、通勤・通学定期、定期外いずれもおおむね増加傾向にある。

鉄道チャンネル編集部

#国交省 #開業 #申請 #国土交通省


ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦駅からの延伸を国交省が許可 2024年春開業目指す

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題