叡山電鉄は12日、ダイヤ変更を1月30日に実施すると発表した。平日の昼時間帯(11~16時台)、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~市原間の列車をそれぞれ15分間隔で運転。昼時間帯は平日ダイヤと土曜・休日ダイヤの運行パターンが同一となる。

叡山電鉄が1月30日にダイヤ変更を行う

現在、平日ダイヤの昼時間帯(11~16時台)は出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~二軒茶屋間、出町柳~市原間の列車をそれぞれ20分間隔で運転しており、出町柳~宝ケ池間を走る列車の本数は1時間あたり9本となっている。ダイヤ変更後、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~市原間の列車をそれぞれ15分間隔で運転する一方、出町柳~二軒茶屋間の列車は運転取りやめに。出町柳~宝ケ池間の本数は1時間あたり8本となる。

平日ダイヤの朝ラッシュ時間帯と夜ラッシュ時間帯の列車は、京阪電車との接続を考慮し、列車の発着時刻を調整する。その他の時間帯や土曜・休日ダイヤにおいても、利用状況に応じて列車の運転を見直す。今回のダイヤ変更では、最終列車の大幅な時刻変更は実施しない。詳しい時刻表は1月中旬以降、ホームページに案内される。

平日の11~16時台、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~市原間の列車をそれぞれ15分間隔で運転
鞍馬線市原~鞍馬間は現在も運転を休止している

なお、2020年7月8日未明に降り続いた大雨の影響により、鞍馬線貴船口駅付近で土砂崩れや多数の倒木、電柱の倒壊など発生した影響で、市原~鞍馬間は現在も運転を休止している。再開後のダイヤは改めて告知するとのこと。

#ダイヤ改正 #電車 #中小私鉄 #三セク


叡山電鉄、1/30ダイヤ変更 – 平日11~16時台の運転間隔が見直しに

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました