東急電鉄はこのほど、田園都市線宮崎台駅で運営する「電車とバスの博物館」を自宅にいながら疑似体験できるARアプリをリリースした。

AR電車シミュレーターイメージ

このアプリは感染症対策の一環として、自宅で楽しい時間を過ごしてもらうために制作したもので、2021年3月31日まで無料配信する。AR技術を通して、目の前の空間に物体が実際にあるかのようなバーチャル体験ができる点が特徴となっている。

東横線8090系の運転台をCGで再現した「AR電車シミュレーター」では、運転士目線で東横線のCG映像を楽しめる。博物館の見どころを動画と写真で紹介する「館内案内」では、一部の施設について、普段見ることのできない角度から撮影した模型走行映像を交えて紹介する。

CG電車が走るAR路線図イメージ

東急電鉄の生い立ちや、過去に実際に走っていた電車・バスの写真をスライドショーで紹介する「東急電鉄ヒストリー」も配信する。リリース時点ではiPhone版のみ、「App Store」からダウンロード可能。Android版は準備中で、公開の際は東急電鉄Twitterアカウントなどで知らせるとのこと。

#東急電鉄 #子鉄 #電車 #バス #BRT #鉄道博物館


東急電鉄「電車とバスの博物館」疑似体験できるARアプリをリリース

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました