テレ東旅番組で続いていた「ガチンコ伝説」についに終止符が打たれることとなるのか。12月19日に放送された「鉄道沿線ひたすら歩き旅」(テレビ東京系)で、ガチンコを放棄したのではないかと思わせるシーンがあり、視聴者を騒然とさせている。

そもそもテレ東の旅番組がどれほど本気なのか、テレビ誌ライターに証言してもらった。

「『バスがなければ歩く』でおなじみのローカル路線バス乗り継ぎの旅がテレ東の旅番組のガチンコ路線を作り出しました。その張本人である #太川陽介 はガチさにかなり自信を持っていて、他局のバス旅とは本気度が違うといった趣旨の発言をしています。またタクシー乗り継ぎ旅の #千原ジュニア は道中、大きいほうの便意を催したもののトイレがなかったため、野外で用を足すハメになっています」

鉄道沿線ひたすら歩き旅もガチで、第7回ではセレブタレントの #神田うの に山道を歩かせている。

今回、ガチンコを放棄したのは3日目の朝のこと。鉄道を利用できる回数を決定するダーツにゲストの元サッカー日本代表・ #中澤佑二 が挑んだ。中澤が投げたダーツは鉄道利用3回の黄色い部分と0回の黒い部分の境目あたりに命中。ダーツはどう見ても黒い部分に入っていたが、福沢たちは「これ3点だろ」「ジャストミート」「間違いないだろ」と黄色だと主張。カメラマンに黄色い部分から撮影させ、それを“証拠”として3点であることを無理やり認めさせようとした。番組スタッフは協議の末、黄色と認めている。

「どう見てもダーツは黒い部分に当たっていたように思えます。ただ、この回は初日から難航したため、3日目の朝の時点でゴールが難しい状況になっていたんです。もし鉄道利用が0回になるとゴールはほぼ不可能だということが視聴者にもわかってしまう。そう考えると、スタッフとしては、番組に興味を持たせるためにやむなく判断したということじゃないかと思えてしまうんです」(前出・テレビ誌ライター)

そもそもこの回はスタート時にルールを大幅に変更している。前回までは列車に乗車することはなく、ひたすら沿線を歩く企画だったが、今回から条件付きながら鉄道が利用できるようになった。

「鉄道好きの福澤はとても喜んでいましたが、彼らが額に汗してもがくのがおもしろさにつながっていただけに、視聴者としては微妙なルール変更です。しかもガチ度は下がったといっていいでしょう。昔からのファンは今回だけの特別ルールであってほしいと願っています」(前出・テレビ誌ライター)

今後、鉄道沿線ひたすら歩き旅はどうなるのか。また他のテレ東旅番組に影響があるのか。動向が注目される。

#視聴者 #福澤朗 #テレ東 #テレビ


福澤朗の鉄道沿線ひたすら歩き旅がガチンコ放棄!?視聴者「微妙な反応」とは

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました