阪急電鉄は24日、神戸三宮駅(神戸本線)1番ホームの可動式ホーム柵を12月26日の初発列車から供用開始すると発表した。神戸三宮駅では、すでに2番ホームと3番ホームで可動式ホーム柵を供用開始している。

可動式ホーム柵の設置イメージ
設置計画図

神戸三宮駅1番ホームで供用開始する可動式ホーム柵は一部透過型の腰高式で、高さは約1.3m(柵本体)、開口幅は約3.2m、厚み約200mm(柵本体)。神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mmの薄型化を行い、安全・快適にホームを利用してもらえるように、できる限りホーム幅を確保するよう努めている。

2番ホームと3番ホームの可動式ホーム柵はすでに供用開始しており、残る4番ホームについては、2021年2月下旬の供用開始をめざし、引き続き工事を進めるとしている。

#ホームドア #駅 #阪急電鉄


阪急電鉄、神戸三宮駅1番ホームの可動式ホーム柵は12/26供用開始

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など