阪急電鉄では、より安心・快適な鉄道を目指し、神戸三宮駅で可動式ホーム柵の設置工事を進めています。
このうち、2番ホームと3番ホームの可動式ホーム柵につきましては、既に供用を開始しておりますが、このたび
1番ホームの可動式ホーム柵の供用開始日が12月26日(土)に決まりましたので、お知らせいたします。
なお、4番ホームにつきましては、2021年2月下旬の供用開始を目指して、引き続き工事を進めてまいります。
工事期間中はご不便をおかけしますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。
詳細は以下の通りです。

1.供用開始箇所
神戸本線 神戸三宮駅 1番ホーム
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/241510/img_241510_1.png

2. 供用開始日
2020年12月26日(土)初発列車から

3.仕様
・種類:腰高式の可動式ホーム柵、一部透過型
・高さ:約1.3m(柵本体)
・開口幅:約3.2m
・厚み:約200mm(柵本体)
※神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mm薄型化を行い、お客様がより安全・快適にホームをご利用いただけるよう、できる限りホーム幅を確保するようにします。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/241510/img_241510_2.png

阪急電鉄株式会社 https://www.hankyu.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/c44abbb4a4930cee159fd1edd20bc1a426f96811.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#工事 #阪急電鉄


2020年12月26日(土)初発列車から、神戸三宮駅1番ホームの可動式ホーム柵の供用を開始します

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用