JR西日本は、「SLやまぐち号」を牽引する蒸気機関車C57形1号機・D51形200号機の検査・修繕のため、2021年3月からディーゼル機関車の牽引で、観光列車「DLやまぐち号」として山口線新山口~津和野間を期間限定で運転すると発表した。

DD51形の牽引による運行イメージ

ディーゼル機関車は1960年代以降、蒸気機関車の代替車両として、国鉄では約1,400両製造された。客車・貨車の牽引を目的に、最盛期は全国各地で活躍したが、徐々にその数を減らし、JR西日本の保有数もいまでは26両となっている。

観光列車「DLやまぐち号」は新山口駅10時50分発・津和野駅12時58分着、津和野駅15時45分発・新山口駅17時30分着で運行され、定員は245名。運転日は3月20日から5月5日まで、7月17日から9月20日まで。土休日を中心に35日間の運転を予定している。

#JR西日本 #機関車 #蒸気機関車 #観光列車 #客車


JR西日本「DLやまぐち号」DD51形が牽引、3~9月の期間限定で運行へ

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題