「特急 踊り子 は1981(昭和56)年10月より東京駅から伊豆急下田駅・修善寺駅を結ぶ観光特急として運行し、長年にわたって多くのお客さまにご利用いただき「旅の思い出作り」のお手伝いを担って参りましたが、この度2021年春のダイヤ改正をもちまして、定期運行を終了することとなりました」

関西の新快速を担った117系と同じルックス、シンプルモダンな車内———185系。

国鉄形特急車両185系が登場時から担っていた東海道線 定期特急 踊り子 から降板する。

これにあわせ、JR東日本、伊豆箱根鉄道、伊豆急行の3社は、「ありがとう185系特急「踊り子」記念入場券」を2021年1月24日から発売する。

体裁は、B型硬券入場券タイプ 特製台紙付き(B5サイズ)。券面日付は2021年1月24日のみ。車体緑色のストライプ幅の比率にちなんで1月24日とした。

3社ともいずれも2000セット限定。発売期間は2021年1月24日〜3月12日。商品がなくなり次第、発売を終了。駅窓口での発売は、窓口営業時間内に限る。

3社でそれぞれ、入場券のセット内容や価格などが異なる↓↓↓

<JR東日本>
1セット10枚(東京駅・品川駅・川崎駅・横浜駅・大船駅・小田原駅・湯河原駅・熱海駅・網代駅・伊東駅)
1450円

<伊豆箱根鉄道>
1セット6枚(三島駅・三島田町駅・大場駅・伊豆長岡駅・大仁駅・修善寺駅)
840円

<伊豆急行>
1セット5枚(伊豆高原駅・伊豆熱川駅・伊豆稲取駅・河津駅・伊豆急下田駅)
850円

———伊豆箱根鉄道版は、一部セット数を同社通販サイトで販売するというから、気になる人は公式ホームページをチェックして。

#JR東日本 #箱根 #ありがとう #発売


伊豆急 JR東日本 伊豆箱根鉄道が「ありがとう185 系特急『踊り子』記念入場券」発売へ、B型硬券入場券タイプ 特製台紙付きで券面いろいろ

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題