JR東日本と西武ホールディングス(HD)は23日、鉄道以外のサービス事業で包括的に連携すると発表した。観光地などで余暇を楽しみながら働く「ワーケーション」の商品開発や、街づくり事業で協業する。新型コロナウイルス感染拡大により鉄道利用客が減少する中、両社の経営資源を生かし新たな需要を掘り起こす。
ワーケーションは、新たな法人・個人向けの商品を開発。長野県軽井沢町で西武HD傘下のプリンスホテルに宿泊しながら、農業などのボランティア参加や移住相談、研修ができるプランなどを販売する。
街づくりでは、両社が乗り入れる駅や周辺エリアの開発で連携する。乗り換えの利便性向上も可能性を探るという。
〔写真説明〕記者会見後の撮影に応じるJR東日本の深沢祐二社長(左)と西武ホールディングス(HD)の後藤高志社長=23日午後、東京都港区

#西武 #ワーケーション #開発 #JR


JR東・西武HD、非鉄道事業で包括連携=ワーケーション商品開発

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました