JR西日本近畿統括本部は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、土休日に大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)を直通する列車の一部見直しを行うと発表した。JRゆめ咲線では、平日朝の列車の一部見直しも予定されている。

ダイヤ改正で大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)の直通列車が一部見直しに

大阪環状線では、環状運転を行う普通列車や、阪和線・大和路線(関西本線)から直通してくる列車に加え、JRゆめ咲線(桜島線)へ直通する天王寺・京橋~桜島間の普通列車が運転されている。

平日は午前中と16時台以降を中心に直通列車が設定され、とくに11時台はJRゆめ咲線の全列車が直通列車。土休日も朝の時間帯から正午頃まで、約半数の列車で直通運転を行っているが、ダイヤ改正後、土休日のおおむね10~12時において、「京橋~桜島間のJRゆめ咲線直通の一部列車の運転を取りやめます」「一部列車については大阪から桜島までの区間を取り止め」とのこと。

JRゆめ咲線では、平日朝の7~9時頃にかけて、西九条~桜島間の列車が5~11分程度の間隔で運転されているが、ダイヤ改正でこの時間帯の一部列車の運転を取りやめることも発表している。

#JR西日本 #ダイヤ改正 #電車


JR西日本、大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)直通列車を一部見直し

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用