JR東日本秋田支社は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、五能線の快速・普通列車をすべてGV-E400系で運転(「リゾートしらかみ」は除く)するとともに、津軽線と奥羽本線の一部列車にもGV-E400系を投入すると発表した。

電気式気動車GV-E400系(写真は片運転台のGV-E401・402形)

電気式気動車GV-E400系は今年12月、老朽化したキハ40・48形に代わる新型車両として、五能線で営業運転を開始。現在は一部列車のみの運転だが、来年3月のダイヤ改正に合わせて追加投入を行い、「リゾートしらかみ」を除く五能線の快速・普通列車はすべてGV-E400系となる。

五能線では利用状況に合わせた輸送体系の変更も行う。夕夜間を中心に、東能代~能代間の列車3本(下り2本・上り1本)を運転取りやめとするほか、東能代駅発着の一部列車の時刻が見直しに。これにともない、東能代駅で乗換え可能な奥羽本線の列車も変更となる。朝6時台に岩館駅発着となっていた普通列車は統合が図られ、上りは深浦駅5時32分発・東能代駅7時6分着、下りは東能代駅5時38分発・弘前駅10時12分着で運転される。

GV-E400系の車内
八高線で試運転を行うGV-E400系(両運転台のGV-E400形)

津軽線にもGV-E400系を投入。現在、蟹田~三厩間の定期列車は上下各5本(うち上下各1本は青森~三厩間で運転)設定されており、ダイヤ改正後はすべてGV-E400系に置き換えられ、1両での運転となる。奥羽本線ではダイヤ改正後、秋田~東能代間の上下各2本(1両または2両編成)、弘前~青森間の上下各1本(2両編成)をGV-E400系で運転する。

#JR東日本 #ダイヤ改正 #気動車 #車両新造 #改造


JR東日本、五能線すべてGV-E400系に – 津軽線蟹田~三厩間も置換え

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました