JR東日本は2021年3月13日に実施するダイヤ改正において、新幹線上野~大宮間の埼玉県内において最高速度130km/h運転を実施し、東京駅から各方面の所要時間を1分程度短縮すると発表した。

新幹線上野~大宮間で最高速度130km/h運転が実現する

同社は新幹線上野~大宮間の所要時間短縮に向け、埼玉県内で最高運転速度の向上(110km/hから130km/h)を図るため、2018年5月頃から騒音対策等の地上設備の工事(吸音板設置、防音壁かさ上げ)に着手していた。この区間での最高速度130km/h運転が実現することにより、東京~大宮間の所要時間は21分(1分短縮)となる。

東京駅から各方面の所要時間も1分程度短縮され、東北新幹線の東京~新青森間は最速2時間58分、東京~仙台間は最速1時間29分、上越新幹線の東京~新潟間は最速1時間36分、北陸新幹線の東京~金沢間は最速2時間27分、東京~長野間は最速1時間19分に。なお、接続や行き違いなどの都合により、終着駅までの所要時間が短縮しない列車もある。

#新幹線 #JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR東日本、新幹線上野~大宮間130km/h運転実現 – 所要時間1分短縮

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始