JR東日本大宮支社は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正にて、宇都宮線の通勤快速を快速「ラビット」、高崎線の通勤快速を快速「アーバン」に統一すると発表した。高崎線経由の特急「あかぎ」「スワローあかぎ」も一部見直しとなる。

宇都宮線の快速「ラビット」

宇都宮線の通勤快速は平日の夕夜間に上野~宇都宮間で運転され、土休日はほぼ同時刻で快速「ラビット」を運転。高崎線の通勤快速は平日の夕夜間に上野~高崎・前橋間などで運転され、土休日はこれに代わる列車として快速「アーバン」が運転されている。ダイヤ改正後、宇都宮線の通勤快速は快速「ラビット」、高崎線の通勤快速は快速「アーバン」となり、停車駅も一部変更。通勤快速が停車していた尾久駅は「ラビット」「アーバン」ともに通過する。

宇都宮線では、快速「ラビット」と湘南新宿ライン快速の停車駅に東大宮駅を追加。現行の通勤快速が通過している蓮田駅にもすべての快速が停車する。高崎線では、現行の通勤快速が通過している上尾駅と桶川駅にすべての快速が停車するようになる。利用状況に合わせ、わかりやすい停車パターンに変更することで利便性向上を図るという。

高崎線経由の特急「スワローあかぎ」

その他、23時台の上野駅始発の列車のうち、宇都宮線(小金井行)・高崎線(高崎行)の列車を1本ずつ東京駅始発に変更し、上野東京ラインの運転時間帯を拡大する。高崎線経由の特急列車は、平日の「スワローあかぎ15号」、土休日の「あかぎ10号」を運転取りやめに。土休日の「あかぎ」は全列車が北本駅と鴻巣駅に停車し、平日の「スワローあかぎ」と停車駅を統一する。

#JR東日本 #ダイヤ改正 #電車 #特急列車


JR東日本、宇都宮線・高崎線通勤快速は「ラビット」「アーバン」に

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題