JR東日本は18日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため国・関係自治体から要請を受けたことを踏まえ、あわせて昨今の感染拡大の状況にも鑑み、大みそかから元旦にかけて計画していた終夜運転等を取りやめると発表した。

JR東日本が大みそかから元旦にかけての終夜運転等を取りやめると発表

JR東日本では、大みそかから元旦にかけて山手線、京浜東北・根岸線、中央線(快速・各駅停車)、埼京線、湘南新宿ラインなど首都圏の各線区で終夜運転の実施を予定していた。都内から各方面へ、初日の出鑑賞に便利な臨時列車の運転も発表している。

しかし新型コロナウイルス感染症の感染拡大や、関係自治体等から終夜運転中止の要請があったことを踏まえ、終夜運転を取りやめることになった。「ご利用のお客さまにはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とJR東日本。大みそかから元旦にかけての臨時列車の詳しい運転計画について、「あらためてお知らせいたします」としている。

#JR東日本 #電車


JR東日本、関係自治体からの要請を受け大晦日の終夜運転を取りやめ

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など