JR西日本は17日、駅ホームの安全性向上をめざし、JR神戸線の神戸駅5番のりばで設置工事を進めてきた昇降式ホーム柵について、12月25日の始発列車から使用開始すると発表した。

昇降式ホーム柵の設置イメージ(写真は高槻駅)

JR神戸線の神戸駅5番のりばは、おもに西明石・姫路方面の特急列車や新快速が停車する。12月25日から使用開始する昇降式ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約11.9m、柵延長は約240mとなる。なお、使用開始日に関して、工事の進捗状況により、やむをえず変更する場合もある。

#駅 #JR西日本 #ホームドア


JR西日本、神戸駅5番のりばに昇降式ホーム柵 – 12/25から使用開始

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!