JR西日本は16日、安全・安心に鉄道で通勤してもらう「新しい通勤スタイル」として、「時差通勤のススメ」と「着席通勤のススメ」を提案し、時差通勤で「ICOCAポイント」が貯まるサービスを開始し、混雑回避・着席ニーズに応える通勤時間帯の各種サービスも充実させると発表した。

JR神戸線の通勤特急「らくラクはりま」

「時差通勤のススメ」では、平日朝のピーク時間後の利用で「ICOCAポイント」が貯まるサービスを2021年4月1日から2022年3月31日まで実施。平日朝、対象発駅エリア内の駅にて通勤用の「ICOCA定期券」で入場後、ピーク後の時間帯に対象着駅で出場した場合、利用1回ごとに「ICOCAポイント」が20ポイント貯まる。対象発駅エリアはおもに京阪神エリア、対象着駅エリアは大阪都心部の33駅で、サービス対象は通勤用の「ICOCA定期券」に限られる。

ホームページ・ツイッターや駅にて、おもな線区・区間の列車の時間帯別の混雑状況、おもな駅の利用状況を知らせるサービスも実施。9月24日にリリースしたMaaSアプリ「WESTER(ウェスター)」でも、駅混雑度傾向情報を確認することができる。

「着席通勤のススメ」では、利用者の混雑回避・着席ニーズに応えるため、指定席車両の拡大などを展開してきた通勤特急について、今後も指定席車両のさらなる拡大や停車駅の追加などサービスを充実させる予定とのこと。

京阪神エリアのおもな特急列車の指定席をシートマップ(座席表)で確認しながらスマートフォンなどで予約し、事前にきっぷを受け取ることなく、「非接触・チケットレス」で利用できるチケットレスサービス「J-WESTチケットレス」や、1日2往復運転されている有料座席サービス、新快速「Aシート」の利用も勧めている。

#JR西日本 #電車 #特急列車


JR西日本「新しい通勤スタイル」時差・着席通勤を促すサービス開始

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました