真岡鐵道は、12月15日に真岡線が全線開通100市周年を迎えたことを記念し、12月20日に実施する「SL&DL重連運転」で記念ヘッドマークを掲出する。同じく12月20日頃から、普通列車(気動車)にも記念ヘッドマークが掲出される予定となっている。

真岡鐵道の普通列車

「SL&DL重連運転」は12月20日午前の下り列車(下館駅10時35分発・茂木駅12時6分着)で実施。先頭から蒸気機関車・ディーゼル機関車・客車の編成で運転する。ヘッドマークデザインは当日まで非公表とのこと。

普通列車(気動車)も12月20日頃から全線開通100周年記念ヘッドマークを掲出。下館側・茂木側にそれぞれ異なるデザインのヘッドマークを取り付け、約1年間運行する予定となっている。

#気動車 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道、真岡線全線開通100周年で記念ヘッドマーク – 12/20から

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用