三岐鉄道(三重県四日市市)北勢線で歳末恒例のクリスマス列車が走っている。今冬はコロナ禍の世相を反映し、車両を彩るサンタやトナカイなどがマスク姿で感染防止を呼びかけている。

車両の前面や側面をサンタや雪だるま、ツリーなどでラッピングし、一足早くクリスマスの気分を楽しんでもらおうという趣向だ。

例年と異なり、クリスマスの主役たちがマスクを着けていることから、英語のデザインも「クリスマス(Christmas)」と「マスク(mask)」を掛け合わせて「Merry Christmask」にしている。運行期間は27日まで。【松本宣良】

#マスク #クリスマス #車両 #コロナ禍


メリークリス“マスク”列車、駆ける 装飾のサンタも着用 三重

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました