JR東日本水戸支社は12月18・19日、水郡線を活用して奥久慈の食材や地産品を水戸駅へ運ぶトライアルを実施する。

水郡線で食材や地産品を輸送するトライアルを実施する

茨城県大子町産の食材を袋田駅で積み込み、同駅を11時26分に出発。水戸駅まで運び、12時39分に到着する。その後、13時から水戸駅改札前イベントスペースで「水郡線奥久慈マルシェ」を開き、水郡線で運んだ産品を販売する。奥久慈りんご、奥久慈しゃもの卵、奥久慈しゃも弁当、奥久慈クレソン、奥久慈りんご加工品の販売を予定しているという。

今回のトライアルを手始めに、今後は地域事業者の販路拡大と、地方における素材仕入れ、生産から物流、販売までの流れをサポートする体制の構築をめざすとのこと。

#JR東日本


JR東日本、水郡線を活用し奥久慈の食産品を輸送するトライアル実施

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど