JR西日本は15日、新型コロナウイルス感染症が拡大している昨今の状況に鑑み、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区の一部線区で実施予定としていた臨時列車の運転を取りやめると発表した。

JR京都線・JR神戸線などで予定していた大みそか深夜の臨時列車の運転は取りやめに

同社は例年、大みそか深夜から元旦にかけて京阪神地区で終夜運転を実施してきたが、今年度は終夜運転を行わず、JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)、大阪環状線、学研都市線(片町線)・JR東西線、大和路線(関西本線)、万葉まほろば線(桜井線)、奈良線で終電以降、おおむね深夜3時頃まで臨時列車を運転すると発表していた。

しかし昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、臨時列車の運転も取りやめとなった。「ご利用のお客さまにはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とのこと。

#JR西日本 #電車


JR西日本、新型コロナウイルス拡大で大晦日深夜の臨時列車取りやめ

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど