秩父鉄道は「SLパレオエクスプレス」の2021年の運行を2月から開始する。全車指定席で、予約の際に希望する席を選択できる「秩父鉄道SL予約システム」を利用できる。

「SLパレオエクスプレス」外観
「SLパレオエクスプレス」客室イメージ

「SLパレオエクスプレス」は今年、牽引する蒸気機関車C58形363号機の全般検査にともない運行しなかったため、約1年2カ月ぶりの運行となる。2021年の運行期間は2月13日から12月5日までとされ、土休日を中心に計105日間の運行を予定。熊谷~三峰口間を1日1往復運転する。

秩父鉄道SL予約システムにて、運行日1カ月前から出発30分前まで席を販売。各日満席になり次第、予約受付を終了する。

#客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」2021年は2月から計105日間運行へ

関連記事

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認