京成トラベルサービスは12月26日、京成電鉄の後援で「ヘッドマーク付き車両大集合! 宗吾車両基地見学ツアー」を開催する。

ツアーで乗車する「スカイライナー」AE形

今回のツアーでは、成田スカイアクセス線開業10周年ヘッドマークを掲出したAE形と3050形、都営浅草線相互直通運転60周年記念ヘッドマークを掲出した3100形、「ありがとうシャンシャン」ヘッドマークを掲出した3000形の4編成を宗吾車両基地に集め、車両見学や写真撮影を行う。これら4編成が一度にそろう機会は今回が初だという。

当日は京成上野駅または京成船橋駅から「スカイライナー」AE形で出発し、乗車したまま宗吾車両基地へ入線。そのまま洗車機を通過し、車両基地内で降車する。ヘッドマーク掲出車両4編成や歴代「スカイライナー」など、保存車両の見学と撮影を行う。京成電鉄関連グッズも販売。車両基地で解散となる。

旅行代金は京成上野発が大人2,000円・こども1,500円、京成船橋発が大人1,500円・こども1,000円。参加者には、成田スカイアクセス線開業10周年記念スカイライナー特別クリアファイルをプレゼントする。3歳から小学生までの参加者には、オリジナルスカイライナーボックス入りのお菓子詰め合わせをプレゼントする。募集期間は12月16日12時まで。応募多数の場合は抽選となる。

#京成電鉄 #鉄道イベント #電車 #子鉄


京成電鉄AE形・3100形などヘッドマーク付き車両の撮影・見学ツアー

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転