大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は14日、御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵を設置すると発表した。2021年1~2月に設置工事を実施し、2月下旬の運用開始を予定している。

御堂筋線天王寺駅に設置された可動式ホーム柵

同社は2025年度までに全133駅で可動式ホーム柵の設置完了をめざしており、2021年度までに御堂筋線の全駅と四つ橋線大国町駅に設置予定としている。

現在、御堂筋線の江坂駅、心斎橋駅、天王寺駅、なかもず駅で可動式ホーム柵を設置済み。12月下旬に新大阪駅、来年1月下旬に西中島南方駅でも可動式ホーム柵の運用を開始する予定で、中津駅も1~2月の工事期間を経て、2月下旬に運用開始する予定となった。今後の設置する駅と設置時期については決まり次第、サイト等で公表される。

#駅 #OsakaMetro #地下鉄 #ホームドア


「大阪メトロ」御堂筋線中津駅に可動式ホーム柵、2月下旬運用開始

関連記事

さすが十津川警部!高橋英樹の「鉄道運」がすごすぎるッ

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催