クリスマスを前に、滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道(SKR)・信楽駅前にある巨大タヌキ像(高さ約5メートル)がサンタクロースの姿に変身し、観光客らの目を楽しませている。25日まで。

赤と白のフリース生地の衣装を身にまとい、帽子も着用。サンタの衣装は毎年恒例だが、今年は新型コロナウイルスの収束を願い、4月から引き続きマスクを着けている。訪れた観光客は「可愛い」「マスクをしているのが今年らしい」などと話しながら、スマートフォンで撮影していた。

駅のホームに並ぶタヌキの置物約50体もサンタ姿に変身し、クリスマスムードを盛り上げている。大阪府枚方市から訪れた主婦、藤沢あつ子さん(72)は「こんなにたくさん可愛いタヌキが見られるとは思わなかった。季節感があって面白い」と笑顔だった。

SKRでは14〜24日、車内をクリスマス風に飾り付けた「サンタ列車」を走らせる。信楽—貴生川間を1日2往復し、サンタに扮(ふん)した学生らが子供たちにプレゼントを贈る。新型コロナ対策で乗車人数を例年の6割ほどに減らし、サンタの乗車は平日のみとする。要予約。問い合わせはSKR(0748・82・4366)。【村瀬優子】

#マスク #タヌキ #紅白 #観光客


巨大タヌキがサンタに化けた? 紅白の衣装にマスクも着用 滋賀・信楽高原鉄道

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題