JR北海道は2021年春のダイヤ改正にて、特急列車の減便・減車をはじめ、利用の少ない列車を閑散期に曜日運休とするなど、輸送力の調整を行う。

2021年春のダイヤ改正で、特急「大雪」(旭川~網走間)は定期列車4本をすべて臨時列車化

減便の対象となる特急列車は、函館~札幌間の特急「北斗」、札幌~旭川間の特急「カムイ」、旭川~網走間の特急「大雪」、旭川~稚内間の特急「サロベツ」。おもに定期列車を臨時列車に置き換え、閑散期の曜日運休などによる減便を予定している。

特急「北斗」は定期列車24本のうち、下り・上りの最終列車「北斗23・24号」を運転取りやめとする。これにともない、函館行の最終列車となる「北斗22号」は札幌駅の発車時刻を36分繰り下げる。「北斗22号」の後続となる「すずらん10号」も、札幌駅の発車時刻を28分繰り下げる。昼間の時間帯に運転される下り「北斗5号」、上り「北斗14号」は臨時列車に変更。閑散期の4・10・11月は水・木曜日を運休とする。

全体的な利用減少を踏まえ、「北斗」の編成見直しも行う。指定席を2両減らし、通常時は5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)での運転とし、状況に応じて増結する。

特急「カムイ」は定期列車48本のうち、前後の列車で代替可能な「カムイ9・28・29・42号」を臨時列車化。土休日とお盆・年末年始など利用の多い時期のみの運転とする。

特急「大雪」は定期列車4本すべて臨時列車化し、閑散期となる4・5・10・11月の火・水・木曜を運休に。特急「サロベツ」は定期列車4本のうち2本を臨時列車化し、同じく4・5・10・11月の火・水・木曜を運休とする。

快速「エアポート」は新千歳空港駅発着の上下各3本が土休日運休に

その他、札幌~釧路間の特急「おおぞら」は利用減少を踏まえ、指定席を1両減らし、通常時は5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)で運転。新千歳空港駅発着の快速「エアポート」は朝・夜に運転される計6本(上下各3本)を土休日運休とする。

#特急列車 #JR北海道 #ダイヤ改正 #気動車 #電車


JR北海道の2021年春ダイヤ改正、特急「大雪」など閑散期に曜日運休

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました