写真:秩父鉄道

秩父鉄道(埼玉県)はこのほど、2021年の「SLパレオエクスプレス」運行予定を発表した。運行期間は2021年2月13日(土)〜12月5日(日)の土日祝日を中心とした計105日間で、運行区間は秩父鉄道熊谷駅〜三峰口駅間 1日一往復(全車指定席)。

乗車区間分の普通乗車券のほかに「SL指定席券(740円)」が別途必要。事前予約は自身で希望席を選択できる「秩父鉄道SL予約システム」から。予約は運行日の1ヶ月前〜出発30分前までで、2月13日、2月14日運行分は1月15日(金)10:00から受付を開始する。各日満席になり次第受付終了。

システム画面イメージ 画像:秩父鉄道

SLパレオエクスプレスを牽引するのは蒸気機関車C58363号機。1944年2月に川崎車両で製造され、現役時代は東北を中心に活躍した。

2020年は全般検査のためSLの運行がなく、約1年2か月ぶりの復帰となる。なお、全般検査の様子については秩父鉄道ホームページの「SL全般検査とは」で詳しく紹介されている。

SLイメージ 写真:秩父鉄道
SLパレオエクスプレス客車内イメージ 写真:秩父鉄道

鉄道チャンネル編集部

#指定席 #予約 #埼玉県 #祝日


「SLパレオエクスプレス」全車指定席で2021年2月運行開始 秩父鉄道

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました