京阪電気鉄道と京阪バスは、大津線を除く京阪線全線と「ステーションループバス」が1日乗り放題になる乗車券と、京都鉄道博物館の入館券がセットになった「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」を12月21日から販売開始する。

京都鉄道博物館の館内
「ステーションループバス」の運行ルート

「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」では、京阪線全線と石清水八幡宮参道ケーブルに加え、京都駅・七条駅・梅小路エリアを結ぶ「ステーションループバス」も有効区間に。京阪線沿線から梅小路エリアへの移動が便利になり、京都鉄道博物館もお得に利用できる。

発売額は大人2,300円、小児1,100円。発売期間は2022年3月31日まで。京都鉄道博物館の休館日を除く任意の1日利用できる。京阪電車の中之島駅、淀屋橋駅、天満橋駅、京橋駅、守口市駅、寝屋川市駅、香里園駅、枚方市駅、樟葉駅、中書島駅、丹波橋駅、祇園四条駅、三条駅、出町柳駅にて販売される。

#鉄道博物館 #京阪電気鉄道 #電車 #バス #BRT #お得なきっぷ


京阪電車&バスでお得「京都鉄道博物館おでかけ乗車券」12/21発売

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました