2020年1月12日(火) 創刊 全90号(予定) https://deagostini.jp/r/ttp

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、日本の鉄道人の熱き物語を取り上げたドキュメンタリー番組「鉄道伝説」を収録したDVD付きマガジンシリーズ隔週刊『鉄道 ザ・プロジェクト』を2020年1月12日(火)より、全国書店(一部地域を除く)及び、当社ホームページで発売します。
本シリーズでは、毎号鉄道にまつわるプロジェクトを取り上げ、当時の貴重な映像や再現ドラマ、関係者へのインタビューを収録したDVDと、プロジェクトをひも解く資料をマガジンで紹介していきます。

■DVDでは知られざる開発秘話を貴重な映像と再現ドラマで紹介

毎号、一つのプロジェクトを取り上げ、組織を牽引した強烈なリーダーシップやアイディアを結集させた無名の鉄道人の熱き物語をひも解いていきます。DVDではそれぞれのプロジェクトを「リーダシップ」「技術開発」「インフラ開拓」「名列車・名車両」などの切り口で紹介します。

【名列車・名車両】

名車と呼ばれるようになった車両の生い立ちや、その列車が必要とされるに至る時代背景などを紹介。国鉄から私鉄の車両まで往年の名列車、名車両も登場。

【技術開発】

様々な技術開発を中心として、エンジニアたちの奮闘する姿を描く。より速く、より軽く、より強く——相反する高い要求に応えるエンジニアたちの物語。

【リーダーシップ】

困難なプロジェクトには強いリーダーがかかせない。国鉄の総裁や企業トップなど、強い意志でプロジェクトを率先垂範するリーダーを中心とした物語。

【インフラ開拓】

トンネル工事に命がけで挑んだ無名の作業員たち、巨大ターミナル駅実現のために奔走した人々など、インフラ整備に関わるプロジェクトの苦難の物語。

■マガジンは3つの章で構成
マガジンでは、DVDをチャプターごとに解説しながら、登場する様々なテーマの中で、重要で興味深い項目をピックアップ。貴重な写真や資料をもとにストーリーの背景を掘り下げていきます。

【ピックアップストーリー】

DVD本編をチャプターごとに解説しながら、登場する様々なテーマの中で重要で興味深い項目をピックアップ。貴重な写真や資料をもとにストーリーの背景を掘り下げていきます。

【鉄道紀行】

毎号のストーリーにゆかりの地を訪ねます。その内容によって、現有保存車両や鉄道記念物となっているもの、線路や記念碑など、プロジェクトに関係のある場所の今をレポートしていきます。

【人物列伝】

その号のテーマの中で中心となって活躍した人にフォーカスし、映像では語りきれなかった「その人」を掘り下げます。写真はもちろん、当時の資料や相関図などで解説します。

■第2号特別プレゼント & 特製バインダー(別売)

第2号には特製DVDフォルダが無料で付いてきます。DVDを毎号保管していくと「鉄道 ザ・プロジェクトDVDコレクション」が完成します。

特製マガジン用バインダー(10冊綴)は4号(2/23)と同時発売です。特別価格690円(税込)特価期間2021年8月末まで。

■読者全員プレゼント

創刊号〜第25号のご購読でJNRロゴグッズ2点セット
〔刻印キーホルダー〕
●サイズ:約H29 ×W95×D5mm
●素材:牛革〔イタリア産)、金属
●生産国:中国
〔トートバッグ〕
●バッグ部分サイズ:約H390 ×W340×D60mm
●素材:綿100%
●生産国:中国

■商品概要
・タイトル:隔週刊『鉄道 ザ・プロジェクト』
・商品HP: https://deagostini.jp/r/ttp
・価格:創刊号特別価格:499円(税込)/第2号以降通常価格:1,390円(+税)
・創刊日:2020年1月12日(火) ※一部地域により異なります
・刊行周期:隔週刊
・刊行号数:全90号(予定)
・仕様:A4変形/12ページ(表周り含む)

#伝説 #株式会社 #ドキュメンタリー


伝説となった鉄道プロジェクトに光を当てる 隔週刊 『鉄道 ザ・プロジェクト』創刊

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転