関東鉄道の宣伝を担う第7期「関鉄レールメイト」が決まり、茨城県筑西市のしもだて地域交流センター「アルテリオ」で任命式が行われた。

レールメイトは2014年11月に誕生。1年の任期で、常総線と竜ケ崎線や沿線でのイベントに携わるなど、鉄路の顔となる。6期までに計20人が務めた。

活動名は沿線にちなんで名付けられ、今期は東京音楽大1年の守谷詩音(もりたにしおん)さん(18)=つくば市▽筑西市職員の筑峯(つくみね)あやかさん(22)=同市▽アルバイトの竜崎(りゅうさき)ちはるさん(21)=守谷市=が任命された。筑峯さんは「地域をもっと知り、人とのかかわりを広げたい」と話した。

任命式に出席した国土交通省関東運輸局の竹島晃鉄道部長は、活動について「鉄道への親しみや理解を広げ、地域との懸け橋となっている」と述べた。【安味伸一】

#茨城県 #交流 #誕生 #名付け


関東鉄道が「関鉄レールメイト」第7期3人を任命「地域との懸け橋に」茨城

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始