「特急券無料引換券」と指定駅窓口で引き換える「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」イメージ

小田急電鉄は12月1日から2021年2月28日までの期間限定で、MaaSアプリ「EMot(エモット)」で「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」を販売する。

このフリーパスは、スマートフォン1つで箱根周遊が楽しめる「デジタル箱根フリーパス(特付)」と、往復分の特急券と引き換えできる「特急券無料引換券」の2つの電子チケットからなる商品。

旅行当日までに「EMot」で購入し、出発の際に「デジタル箱根フリーパス(特付)」を有効化したうえで指定の駅窓口に立ち寄ると、その時点での特急「ロマンスカー」の空席分から往復の座席指定ができる。

この座席指定時に「特急券無料引換券」を有効化し、駅係員へ提示すると、座席指定された「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」を受け取ることができる。

なお、チケット譲渡がなく、大人券のみの発売であることなど、通常のデジタル箱根フリーパスとは異なる条件がある。利用期間は12月9日~2021年3月2日。料金はデジタル箱根フリーパスと同額で、2日用4,990~5,700円、3日用5,390~6,100円。


小田急電鉄「EMot」で「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は