秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:大谷 隆男)では、1973年より同社で活躍をしている電気機関車108号機が2020年12月で引退する事に伴い、「ありがとう!電気機関車108号機引退記念乗車券」を2020年12月12日に発売いたします。詳細は下記のとおりです。

■「ありがとう!電気機関車108号機引退記念乗車券」について
1)発売期間:2020年12月12日(土)〜2021年3月31日(水)※売切れ次第終了
2)発売価格:800円 (影森からふかや花園まで 大人片道800円1枚)
3)発売箇所:秩父鉄道 羽生、熊谷、武川、寄居、長瀞、秩父、
御花畑の各駅窓口、ちちてつe-shop
4)券の仕様:●C型カラー硬券乗車券
●電気機関車108号機型台紙付

記念乗車券 イメージ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/238251/LL_img_238251_1.jpg
記念乗車券全体イメージ1

☆C型硬券内の「電気機関車108号機」のイラストは、秩父鉄道の運転士が描いたオリジナルイラストです。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/238251/LL_img_238251_4.jpg
C型カラー硬券イメージ2

<電気機関車108号機>
電気機関車108号機は1951年に製造され、1972年までの松尾鉱業鉄道全廃まで「ED502」として活躍しました。
その後は秩父鉄道へ譲渡され、108号機として1973年から運用を開始し、貨物輸送を中心に活躍しましたが、2020年12月をもって引退します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/238251/LL_img_238251_6.jpg
電気機関車108号機イメージ

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#引退 #発売 #ありがとう #運転士


秩父鉄道で47年間活躍した電気機関車108号機が引退 12/12発売「ありがとう!電気機関車108号機引退記念乗車券」 運転士が描いたオリジナルイラストを起用したデザイン

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど