ゼロエミッションモビリティに対する大きな一歩

レールミリングトレイン MG11 Hydrogen: オーストリア企業リンジンガー(LINSINGER)による鉄道界からの環境イノベーション

[画像: https://prtimes.jp/i/64311/9/resize/d64311-9-270373-0.png”>

2020年11月17日、世界初の水素を動力源とするレールミリングトレインが一般公開されました。

このイノベーションは、ゼロエミッションモビリティに大きく貢献することを目的とし、企業内の研究開発部門が2年をかけて開発しました。 MG11 H2 への製品拡張はリンジンガー社80年の歴史におけるさらなるマイルストーンとなっています。

MG11 H2への電力供給は水素燃料電池です。アキュムレータを追加することにより、ピーク時の電力需要をカバーするだけでなく、推進駆動力に余裕を生み出します。これは多くのネットワークオペレータにとって大きなメリットとなります。

リンジンガーのレール処理技術は無公害を達成しているので、次のステップには環境に配慮した未来志向のエネルギー供給が挙げられました。MG11 H2 の燃料電池から生成され放出されるのは水のみです。環境や機械の操作者だけでなく、鉄道の隣に住む人々にとっても好ましいことです。

ギュンター・ホレイス(Günter Holleis)CEOは、現在のような危機の際に画期的なイノベーションを発表できることを嬉しく思っています。水素がモビリティセクターのエネルギー供給者となり、LINSINGERが気候転換の一部を担うという彼のビジョンは今や現実のものとなっています。

オーバーエスターライヒ州シュタイラーミュールに本社を置き、500人の従業員を擁するリンジンガーの輸出割当量は98%を示しています。レールメンテナンスのパイオニアであり、レールミリングの発明者でもあるリンジンガーは、かつての家族経営からグローバルプレーヤーへと成長し、現在も拡大を続けています。

Linsinger Maschinenbau
https://www.linsinger.com/

#オーストリア #世界初 #水素 #企業


オーストリア発 世界初の水素駆動のレールミリングトレイン

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど