三重と和歌山に、連節バスが姿あらわす———。

三岐鉄道は12月4・5日の2日間、四日市市北部地区を中心に連節バスを走らせる。

2021年秋に四日市市内バス路線への連節バス(全長約18m)導入をめざし、走行環境や道路状況などを調査する。

実施時間は12月4日が 8:30 〜 19:00。5日が 6:00 〜 18:00。

実施区間は4日が四日市市内(富田3丁目付近〜山之一色町付近)、近鉄富田駅前・三洋堂前・四日市北警察署前・四日市大学・四日市看護医療大学前・キオクシア北門前・正門前・東門前など。

5日が四日市市内(富田3丁目付近〜山之一色町付近〜本町付近)、近鉄富田駅前・三洋堂前・四日市北警察署前・四日市大学・四日市看護医療大学前・キオクシア北門前・正門前・東門前・近鉄四日市駅前・文化会館前など。

———南海も動く。

南海電気鉄道は、交差点などの道路改良の必要性や既存交通への影響などを検討すべく、公共交通BRTの共同研究に挑む。

試走ルートは、JR和歌山駅・南海和歌山市駅・マリーナシティを結ぶルートを検討中。試走車は、南海バスが関西空港内で運行している連節バスを使用する。

南海は、既存の路線バスに加え、BRTの導入がIR誘致実現時の交通輸送などの諸課題への対応に有効であると和歌山市に対し提案し、和歌山市と連携してその実現性についての検討をすすめていく。

#バス #和歌山 #走行 #環境


三重 四日市と和歌山で連節バスが走る!

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました