北陸鉄道は12月21日から、浅野川線で03系の営業運転を開始(予定)する。これに先立ち、12月19日に03系の一般公開を実施すると発表した。前日の12月18日には、03系の導入にともない引退する8903・8913号車のラストランが行われる。

東京メトロ日比谷線で活躍した03系。東武スカイツリーラインにも乗り入れた

北陸鉄道は老朽化した既存車両の更新として、元東京メトロ日比谷線の車両03系を改造した1編成(2両編成)を導入し、2023年度までにこの車両を計5編成に増やす計画と報じられている。12月21日に予定される03系の営業運転開始に先立ち、12月19日に内灘駅構内の特設会場にて一般公開を行う。

一般公開は計3回(1回目は10~11時、2回目は11時30分から12時30分まで、3回目は13~14時)、各回30名の入替制で開催。車両に運行開始記念ヘッドマークを取り付け、3番線検車区に展示される。車内見学のほか、車庫内でオリジナルグッズの販売も行われる。

参加は事前予約制となっており、北陸鉄道サイト内で案内されている専用メールアドレスへ、必要事項を記入した上で申し込む必要がある。応募多数の場合は抽選が行われる。参加費は鉄道グッズ付で1,000円。未就学児は無料となる。03系の一般公開に合わせ、参加者のみを対象とした8903・8913号車の車両撮影会も実施する。

8903・8913号車は1998(平成10)年に京王電鉄から譲り受けた車両で、03系の導入にともない引退となる。12月18日にラストランを行い、専用ヘッドマークを取り付け、定期列車として運行予定。ただし、当日の状況により、変更となる場合がある。

#車両新造 #改造 #鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #電車 #東京メトロ #鉄道イベント


北陸鉄道、浅野川線に元日比谷線の車両03系を導入 – 12/19一般公開

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は