埼玉高速鉄道は30日、初詣などで鉄道を利用する人のため、大みそかから元日にかけて終夜運転を実施すると発表した。あわせて今後の運転計画として、2021年春に最終列車の繰上げを含むダイヤ改正を実施することも発表した。

埼玉高速鉄道が大みそかに終夜運転を実施。東京メトロ南北線との相互直通運転も行う

年末年始は12月30日から1月3日まで土曜日・休日ダイヤで運転。大みそかから元日にかけて、赤羽岩淵~浦和美園間で約30分間隔の終夜運転を行い、全列車において東京メトロ南北線と相互直通運転を実施する。

2021年春のダイヤ改正では、浦和美園行の最終列車を含む一部列車について、最大で3分の繰上げを実施する予定。時刻表は決まり次第、改めて告知予定となっている。

#電車 #東京メトロ


埼玉高速鉄道、大晦日に終夜運転 – 2021年春に最終列車の繰上げも

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更