京成電鉄は、京成線各駅から京成成田駅までの往復乗車券と、成田市内のうなぎ専門店の飲食券がセットになったお得なチケット「なりたうなチケ」を発売する。

「なりたうなチケ」デジタルきっぷイメージ(トップ画面・京成線利用券・たべる券)

成田は印旛沼や利根川といった漁場に恵まれることから、成田参詣が盛んになった江戸時代からうなぎ料理が名物となり、参詣客をもてなしてきた歴史を持つ。「なりたうなチケ」は、成田山新勝寺の参道を中心にうなぎの名店が集まる成田市内での観光と食事をお得に楽しんでもらう目的で企画された。市内6店のうなぎ店で、うな重など1食分のうなぎ料理が食べられる。

紙チケットとスマートフォンで使用するデジタルきっぷの2種類があり、紙チケットは11月27日から京成トラベルの各営業所で販売。デジタルきっぷは12月7日から、スマートフォン周遊きっぷアプリ「TRIP by RYDE」上で販売される。発売額はどちらも5,300円。「Go To トラベルキャンペーン」の適用により、3,450円の支払い実額で購入できる。

#お得なきっぷ #京成電鉄 #駅弁 #グルメ #電車


京成電鉄「なりたうなチケ」発売、うなぎ専門店の飲食券がセットに

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題