JTBパブリッシングは、鉄道好きのこどもたちに向けた知育玩具「るるぶ 鉄道将棋」を発売した。全国のJR車両60種類を掲載したカードを駒の代わりに、将棋をアレンジしたルールで遊ぶゲームとなる。将棋と同じく、「成り」でカードを裏返すと普通車両が特急車両に変わり、スピードアップするルールもある。

『るるぶ 鉄道将棋』パッケージ
車両を掲載したカード(イメージ)
B2判ポスターイメージ

メインの「鉄道将棋」のほか、「鉄道将棋上級ルール」「鉄道はさみ将棋」など思考力が身につく遊びや、「鉄道かるた」といった鉄道の知識が試されるゲームなど、幅広い難易度で遊べるという。対象年齢は5歳以上とされている。

ゲームボードとカードの他にB2判の大判ポスターが付いており、表面には全国のJR特急の運行系統やカードに描かれた60種類の車両を解説する「全国特急系統MAP&車両図鑑」を掲載。裏面は、「名車両と振り返る! 日本の鉄道150年」と題し、日本の鉄道史を年表にした。価格は1,500円(税別)。全国の書店やネット書店で販売する。

#子鉄 #電車 #鉄道模型 #玩具 #新幹線 #特急列車


「るるぶ 鉄道将棋」駒の代わりに車両カードで遊ぶ知育玩具を発売

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ