阪神電気鉄道と阪急阪神不動産は、昨年11月からリニューアル工事を進めていた阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設について、12月上旬から新店舗が順次オープンすると発表した。

阪神西九条高架下施設西棟外観イメージ

築40年が経過し、老朽化が目立っていた高架下商業施設を美装化するとともに、店舗区画を拡充。4階建ての建物の1・2階を商業施設とし、2階に24時間フィットネスジム「FITBASE24」が3月に先行開業した。

新たに開業する1階は店舗区画を約1.5倍に拡大し、新規2店(居酒屋)と移転改装1店(ラーメン店)の計3店舗が12月上旬にオープン。2021年3月には、さらに新規の居酒屋1店が開業し、同年夏頃までに調剤薬局併設のドラッグストアがオープンする。

#駅 #阪神電気鉄道


阪神なんば線西九条駅西口高架下の商業施設、12月上旬から順次開業

関連記事

さすが十津川警部!高橋英樹の「鉄道運」がすごすぎるッ

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催