阪急電鉄とソニー・クリエイティブプロダクツは、11月26日から「阪急電車で巡る リサとガスパールのスタンプラリー」をはじめとした各種企画を実施する。

「リサとガスパールのスタンプラリー」駅貼りポスター(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

「リサとガスパールのスタンプラリー」は2020年11月26日から2021年2月15日まで開催。阪急電鉄の4駅に設置するスタンプを台紙に集めると、参加賞としてオリジナルキーホルダーがもらえる。ダブルチャンス賞としてオリジナルジグソーパズルが10名に当たる抽選にも応募できる。

スタンプラリー期間中、リサとガスパールのヘッドマーク電車も登場。神戸線・宝塚線・京都線で1編成ずつ運行する。また、スタンプラリーの各スタンプポイントには、記念撮影ができるリサとガスパールのフォトスポットを設置する。

ヘッドマークイメージ(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
オリジナルグッズイメージ(C)2020 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

マルーンカラーの服を着たリサとガスパールのオリジナルグッズも発売。3連アクリルキーホルダー(800円)、ダイカットステッカー2枚セット(500円)、クリアファイル2枚セット(700円)、クリアファイル2枚セット(700円)、マグネットシート3枚セット(850円)、エコバッグ(800円)、缶ミラー(700円)の7種類を用意し、11月26日からアドレス西宮北口店、キデイランド大阪梅田店、阪急電車グッズ公式オンラインショップで販売する。

#阪急電鉄 #電車 #子鉄


阪急電鉄「リサとガスパール」スタンプラリー、ヘッドマーク電車も

関連記事

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認