南海電気鉄道と泉北高速鉄道は27日、年末年始の運行ダイヤについて発表した。両社とも今年度は大みそかの終夜運転を実施しない。南海線のみ、難波~住ノ江・羽倉崎間で最終列車の発車時刻を通常より延長して運転する。

南海電鉄は大みそかの終夜運転を行わず、南海線で最終列車の時刻延長のみ実施すると発表

昨年度まで、南海電鉄は南海線(難波~住ノ江・羽倉崎間)・高野線(難波~河内長野・北野田間)で大みそかの終夜運転を実施。泉北高速鉄道も中百舌鳥~和泉中央間で終夜運転を行っていた。

南海電鉄は今年度、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤで運転し、大みそかは南海線で最終列車の時刻を延長して運転。下りは難波駅2時0分発の羽倉崎行、上りは羽倉崎駅1時58分発の難波行まで普通を設定し、上下線とも難波~住ノ江間で約15~20分間隔、住ノ江~羽倉崎間で約20~50分間隔で運転する。高野線は大みそかの終夜運転を行わず、最終列車の時刻延長も実施しない。

南海線では、正月三が日に住吉大社駅への臨時停車を実施。1月1~3日の3日間、10時から16時20分頃にかけて、空港急行・区間急行(下り26本・上り25本、合計51本)が住吉大社駅に臨時停車する。

泉北高速鉄道も今年度、12月30日から1月3日まで土休日ダイヤとし、大みそかも通常の土休日ダイヤで運転。終夜運転は行わず、最終列車の時刻延長も実施しないと発表している。

#泉北高速鉄道 #電車 #南海電鉄


南海電鉄・泉北高速鉄道の年末年始ダイヤ、大晦日の終夜運転なし

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更