東京メトロは27日、日比谷線仲御徒町駅に新設した出入口(5番出入口)と改札口(中央改札)を11月28日始発から供用開始すると発表した。

新設した5番出入口のイメージ

仲御徒町駅では、バリアフリー設備の整備を目的に、駅中間部分に新たに出入口と改札口を整備した。新設の5番出入口から中央改札を経由し、日比谷線ホームへ向かうルートは、エレベーターでも移動可能なバリアフリールートとなる。

中央改札付近に多機能トイレも新設。ベビーカー利用者や体の不自由な駅利用者など、すべての人がより便利に駅を利用できるようになるという。

新設した中央改札のイメージ
新設ルート

東京メトロは引き続き、便利に安心して地下鉄を利用できるように、駅空間の整備に取り組んでいくと説明している。

#駅 #東京メトロ #地下鉄


東京メトロ日比谷線仲御徒町駅に新出入口・新改札 – 11/28供用開始

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用