東武鉄道はこのほど、特急車両「リバティ」(500系3両編成)を使用したスキー・スノーボード専用夜行列車「スノーパル 23:55」を2021年1~3月の期間に合計27回運行すると発表した。

東武鉄道の特急車両「リバティ」

「スノーパル 23:55」は、浅草駅23時55分発、北千住駅0時10分発、新越谷駅0時26分発、春日部駅0時42分発で運転され、会津高原尾瀬口駅に翌朝5時23分に到着するスキー・スノーボード専用夜行列車。会津高原尾瀬口駅から連絡バスに乗り換え、たかつえスキー場に6時30分頃、だいくらスキー場に6時50分頃に到着する。

2021年の1月8日から3月27日まで、毎週金・土曜日と祝前日(1月10日、2月10・22日)の合計27回にわたり運転される。車両は3両編成の「リバティ」を使用し、全車両禁煙、座席はリクライニング可能で座席背面テーブルが付き、各座席にコンセントを設置し、車内無料Wi-Fiも整備された環境が提供される。

「スノーパル 23:55」は、東武トップツアーズ旅行商品「スノーパル 23:55」からプランを選ぶことができ、購入は1カ月前から各出発週の金曜日17時まで(2月10・22日は当日17時まで)、前売り開始は12月8日からとなる。

なお、今シーズンはソーシャルディスタンスを希望する場合に追加代金1名あたり1,000円で1名2座席利用プランも用意されている。

#夜行列車 #寝台特急 #東武鉄道 #電車


東武鉄道「スノーパル 23:55」2021年も運行へ – 「リバティ」使用

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用